11月も最終日になりました。毎年のことですが、早いですね。
子どものクラスは、ブルーノ・ムナーリの「木を描こう」という本を参考に木の絵を描きました。
木の法則を考えながら描き、せっかくだから、楽しい木にしたいね!と想像を膨らませて仕上げました。
そろそろ葉も落ちて木の枝振りも見えるようになりました。
絵では考えて描きましたが、実際の木々を見て新たな発見ができると面白いですね。
何より、冬の景色が豊かに見えてきます。
中学生は、透明水彩の淡い世界から、キャンバスにアクリル絵の具で挑戦中!下地づくりから頑張っています。

予約アトリエでは、大人の方々がイラストにチャレンジしていました。冬支度に、家に飾るイラストを描いてみるってステキです!羨ましい限りです。 また、ご家族のお祝いに、色紙にイラストを描いてプレゼント!「今日は親戚集まって午後からパーティーです。」の前に来て描いていらっしゃるのも、心温まります。それぞれ、その時々で、活用していただいているで、私の方も一緒に楽しい気持ちになります。

12月は恒例の干支シリーズになります。来年は寅年ですね。なかなか皆の絵に登場しないので、どうなることやら・・・今から興味津々です。

12月は師走なんて言いますが、一緒に元気いっぱい駆け抜けていきましょう♪