5月は割りピンを使って動く工作をしました。
ダンボールやボール紙を切って、絵の具で着色し、穴を開けピンを通して割って固定させます。

ダンボールは硬いので、少し手が痛くなりましたね。

小学生は、最初にアイディアスケッチをして、計画を立てます。
手順を一緒に考えた後、作ります。
頭で考えるのと違い、動かす範囲やパーツの大きさなど、実際に形にすると気づく事がたくさんあります。
最初に工夫が大切です。
でも、もし違ったら、臨機応変に修正したり、違うアイディアに変えたりしていきます。それはそれで、良い経験です。

年長は、まず、どんどん切って穴を開けて、パズルのように楽しんでみます。
カラフルに色をつけ、繋げて繋げて
これ、な〜んだ?
面白い形にしていきます。

意外と中学生も作りたいという事で、リラックスして楽しんでいます。

子どもの工作と思いきや、大人もハマってしまいます。

なんでしょう。

手軽さと、このノスタルジックな素材とギクシャクな動きが、心をワクワクさせてくれるのかな〜。
動かすと、嬉しいんですよね。

作るって楽しい!と思える工作です。

5月は運動会がある学校も多く、ちょっと疲れていたり、お休みがあったりしましたが、いろんな事が創作に繋がっていきます。
また、6月元気にアトリエに来てくださいね⭐︎

新しい仲間も増え、ますますパワーアップしています。

クラスの構成なども随時変わっていく部分もあります。

6月は梅雨になっていきますが、雨の降る日は、レジャーシートを敷き、お絵描き遊びをしてみませんか。
空箱工作もご家庭ならではの楽しみです。

いろいろ工夫しながら、梅雨も元気に乗り切りましょう!
6月は、そんな不安定な天気に空を想像したくなる内容です。今からとっても楽しみです。